滋賀にあるスロット店はいくつあるのか?


 

1.滋賀県には120店舗ものスロット店(パチンコ併設含)がある。


滋賀県内には実に120店舗ものスロット店がありしのぎを削っている。

市町村別に店舗数を比較すると下記の様になる。

店舗数は多いもののやはり、大津・東近江市・草津・甲賀に店舗の偏りがみられるし

スロ専は甲賀市と大津市に1店舗ずつしかない。

大津市:19店舗(無)

東近江市:14店舗(スロ専1店舗)

草津市:13店舗(無)

甲賀市:10店舗(スロ専1店舗)

彦根市:9店舗(無)

湖南市:8店舗(無)

守山市:6店舗(無)

高島市:6店舗(無)

栗原市:5店舗(無)

 

野洲市:5店舗(無)

愛知郡:3店舗(無)

蒲生郡:2店舗(無)


 

2.甲賀市はスロット激戦区


甲賀市の成人74,000人に対し遊技人口7,400人(10%と仮定)

スロット1890台、パチンコ2759台。合計すると4649台

遊技人口7,400人に対し4,549台の遊技台があると想定すると

まさに激戦区、より勝ち組店舗が有利になる商圏であり、地域一番店は確固たる集客力を持つ為、

安定した利益が見込めると財務基盤も強固なものとなる。だからこそ、出玉で勝負ができるのだ。

とくに甲賀市ではスロットが活気づいており、他県から新台のスロットを打ちに来る一般ユーザーや

プロ集団も珍しくない。甲賀市のスロット地域1番店のリニューアルオープン前は1,000近くのスロットユーザーが

列をなすこともあるという

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP